こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

富岡製糸場 生糸がつくった近代の日本(第375号)

夏の旅行の一日は白川郷に行ったのだが、そこで訪れた和田家住宅の中にはカイコの幼虫の生体が展示されていた。富岡製糸場からいただいた、と説明書きが付けられていた。世界遺産つながりでのやり取りなのかはわからないが、往時に養蚕をしていたことから、夏季限定で飼育を行っているらしい。本書によると、蚕を育てるには風通しの良い所が必要ということで、田島弥平旧宅が二階建ての構造になっており、上階で蚕を養育していたように、合掌造り上層部の屋根裏も養蚕にはうってつけの場所であったようだ。

ちなみに夫は蛾が大嫌いで、幼虫を見れば顔をしかめ、成虫が飛べば大騒ぎする男だが、長年人間に飼いならされてきたカイコガは、もはや「幼虫はエサがなくなっても他の場所に行かず、成虫は羽があっても飛ぶことができません。人間が世話をしないと生きていけない生きものです。」という、何ともか弱い生物であるにも関わらず、蛾は蛾であるということで、恐れをなすことに変わりはないらしい。そんなこんなで、われわれ夫婦は、私が蛾を退治し、夫は私の嫌いなクモを追い出すという、うるわしい助け合いで成り立っている。

 

富岡製糸場世界遺産に登録されたと聞いて、日本史上確かに重要なポイントだが、正直、世界遺産として価値があるものなのか?とか何だか地味だなーと思ったのは、私だけではないと思う。そもそもが世界遺産とは、観光地としてのお墨付きという意味合いは無いとはいえ、その価値のわかりやすさという点では「京都・奈良」や「合掌造り」に適うものではない。しかし、だからこそ、世界遺産に登録されたことは、価値の見直しや日本人自身の興味や関心を引く上で、意味のあったことだと思われる。

教科書用語の「富岡製糸場」に、人の姿を思い浮かべることはできない。しかし、そこにはさまざまな人々の関わり、人生があったはずなのだ。教科書では見えることのない、血の通った歴史の流れを、本書では見ることができる。単なる「日本史用語」として、教科書的なことしか知ることのなかった富岡製糸場が、「日本では明治時代から、機械技術の発展も、鉄道交通の発達も、生糸を軸にしてすすんできました。」という記述の通り、近代の日本を作り上げた大きな流れの中心にあったことを実感できるのだ。

そして、役目を終えた後も、今でも、人々の関わりや人生を含んだ上で、これらの場所は存在する。富岡製糸場、そして白川郷も世界遺産に登録される以前から、保全や維持に尽力する人々の力に支えられて、今日の姿があるのだ。

 

しかし、世界遺産=観光地ではないとはいえ、それならば保全や維持のお金をどう捻出するか?それには観光地化が手っ取り早いわけで、観光地化が進めば保全や維持が難しくなる事態にもなり…と、猛暑の季節にも関わらず、白川郷にあふれかえる観光客(我々家族含め)を見ながら、現在進行形で合掌造りに住み続けながら維持管理している住民の皆さんは、どういう思いで暮らしているのだろうとちょっと複雑な気持ちになった。