こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ひと・どうぶつ行動観察じてん (たくさんのふしぎ傑作集)(第120号)

女性たちのご多分に漏れず、私も痴漢被害に遭ったことがある。いちばん最近は、子供が幼稚園の時。夏休みのイベントに出かけるため、通勤ラッシュにかかるかかからないかくらいの時間に、電車に乗っていたときのことだった。Tシャツにジーンズ、化粧っけもない「ただのおばさん」なのになぜ?激しい不快感もさることながら、なぜ私が、という疑問をイベントの間中もずっと考え続けていた。

答えは明らかだった。私が幼児連れだったから。子連れの母親は子供の世話だけで手一杯だ。現に私も満員に近い車内で子供を守り注意を与えることに精一杯だった。そして子供がいれば面倒事を嫌うだろう、つまり声を上げたりしないだろうという侮り。その通り。子供のために、これから楽しいイベントに出かけようというのに、誰がクソ野郎のために時間を取られたりしたいものだろうか。クソがどんな言い逃れをするかもわからないし、場合によっては危害を加えてくるかもしれない。一人ならともかく、幼い子供を連れてそんなリスクは取りたくないものだ。

泣き寝入りという、私の取った行動は「正しい」ものではない。だいたいがラッシュ時に子供連れで乗ってくるのが迷惑千万。お前が声を上げないから、そんな卑怯なクソを野放しにしておくから被害は減らないのだ、という言説も甘んじて受けよう。

弱い立場の者、弱そうに見える者を狙う、これは動物の世界でもよく見られる光景だ。中でも子供はもっとも狙われやすいし、だからこそ子連れの親は子供を守るために必死になる。巣に、そして子供に近づくものには容赦なく攻撃するし、自分の身体だって張る。これが子供に対しての加害なら、私とてなりふり構わず立ち向かっていっただろう。

痴漢という犯罪の多くは、満員電車内で引き起こされる。これは本書『ひと・どうぶつ行動観察じてん』でいうところの、間おき(spacing)が取れていない状況だからだと思う。「動物たちは、おたがい体があまり近づきすぎると緊張します」と書かれているとおり、満員電車はそれだけでストレスの一因となる。

そして痴漢行為は、ものの本によると性欲というよりはむしろ、ストレスへの対処行動なのだという。元々抱えていたストレスに加え、満員電車というストレスによる緊張が高まった結果、転位活動(displacement activity)として痴漢行為をするのだろうかとも考えたが、転位活動はどちらかといえば毛づくろい(grooming)など自分の体に向けての行動が多いように見える。他人の体に向けての攻撃ということから考えると、痴漢は転嫁行動の方に近いのかもしれない。

こんな他人事みたいに考えているけれども、書きながら思い出して、怒りがふつふつとわき上がってきているのは言うまでもない。転位行動というなら帰って腐れチンポでも弄ってろバーカ!!とか罵倒してぶん殴ってやりたいくらいの気持ちだが、本人が目の前にいない以上、ブログに吐き出すというこの行為も代償行動にしか過ぎない。

痴漢を憎む気持ちや行為の善悪はさておき、ストレスへの対処行動というのは理解できないわけでもない。私だって不適切なストレス解消法を選ぶこともある(飲み過ぎとか)。しかしこれを読むと、

再犯防止プログラムの場で「痴漢行為を手放すことで、あなたが失ったものはなんですか?」と質問したところ「生きがい」と答えた受講者がいました。我々スタッフは唖然としてしまいましたが、この答えに他の多くの受講者も頷いて同意を示していたんです。

…生きがい?と、痴漢という犯罪行為が、生きがいという、どちらかといえばプラスイメージの言葉と結びついてしまうことに、底知れぬ奥深さを感じてしまった。窃盗が生きがい、暴力が生きがい、麻薬が生きがい…犯罪行為と生きがいとを合わせてみると、なかなかシュールで不気味な光景だ。『おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』なんていう本もあるけれども、いちばんざんねんなのは人間といういきものかもしれない。

ひと・どうぶつ行動観察じてん (たくさんのふしぎ傑作集)

ひと・どうぶつ行動観察じてん (たくさんのふしぎ傑作集)

子供は、傑作集の表紙と、このページの月刊誌の表紙を見比べて、月刊誌の方も見たいと言い出した。たぶん内容は一緒だと思うよと言ったけれど、比べて読んでみたいらしい。傑作集のシンプルなイラストも良いが、月刊誌のカラフルでにぎやかな様子もかわいらしい。

本書の最後は、分散(dispersal)という言葉でしめられているが、小学校中学年くらいからを対象とする「たくさんのふしぎ」らしい。3〜4年生くらいは、ちょうど思春期の入り口にさしかかる時で、行動域(home range)も広がってくる頃だ。本項ではキツネの例を取っているが、子ギツネは生まれ育ったホームレンジの外へ探検に出かけては帰り、それを何度も繰り返して「そしてある日、生まれた土地を旅だちます。新しい自分のホームレンジをつくるまで、20〜30キロメートル、ときには100キロメートルもの旅をします」ということだ。最後のページには、家を出んとする少年の後ろ姿のイラストが描かれており、いずれ来る巣立ちの時を思い、ちょっぴり切なくなった。私は親元を離れて独り立ちすることがうれしかったけれども、子供も親のことなんか振り返りもせず喜び勇んで新しい土地に旅立っていって欲しいものだ。