読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

カタツムリ 小笠原へ(第366号)

冒頭、東京に住むカタツムリたちの、こんな会話が出てくる。

海のずーっとむこうの島にカタツムリの楽園があるらしいよ

「海のずーっとむこうの島」小笠原はカタツムリだけの楽園ではない。人間にとっても楽園だ。こーんなに美しい海が広がっているのだ!この青だけでも見に行く価値があると思う。

f:id:Buchicat:20170314101448p:plain

 

小笠原に着いて、最初に向かったのは母島。乳房山に登る予定にしていたので、この号で予習してカタツムリをいっぱい見つけるぞーと思っていたのだが…。本に出てくる堺ヶ岳の方ではなかったからなのか、それとも探す「目」を持たないためか、頂上付近で一匹ばかり見つけただけで終わってしまった。

f:id:Buchicat:20170314105545p:plain

単にきれいな景色だなーとか、珍しい植物がある!とか感覚的に自然を楽しむのも悪くはないが、その場所に詳しい人と一緒なら、違った目で楽しむことができたかもしれないなあと、ガイドさんを付けなかったことを少し後悔した。

 

父島に帰ってきてからは、海でのんびり遊んだり、夫と子供はスノーケリングをしたり。私は水に対する恐怖心が強く、長いことカナヅチだったのだが、ここまで来てもやはり、海で泳ぐことはできなかった。しかし、金曜ロードショーの初代オープニング映像もかくやという夕焼けに、帰りたくないな…という気持ちが自然とわき上がってきた。とにかく良いところなのだ、小笠原は。

f:id:Buchicat:20170314140213p:plain

そんなこんなで小笠原に魅せられてしまう人は多いらしく、宿のご主人も、子供を連れて一家で移住してきたのだと話していた。

 

最終日はドルフィンスイムのツアーに参加したのだが…遊泳に良いタイミングで適当な群れに近づくことができず、”イルカとの水中ランデブー”は叶わなかった。もっとも、タイミングが合ったとしても、私が海中にドボンできたとは思えないのだが。

ツアーを終え、帰る道すがら、ツアー会社の人がラジオの気象情報を熱心に聞いていた。どうやら台風が近づいてきているらしい。「これだと次のおが丸は欠航になるかもしれない」と言う。欠航になると、スケジュール上、3日はこちらに足止めとなってしまう。

その日の便に乗る、我々には影響なかったが、ツアーでご一緒したお客さんの中には、次の便で帰ると話している人も多かった。

その後乗り込んだ船の中で、次の便(折り返しの東京発、そして次の父島発)の欠航が決まったという知らせを聞いたのだった。夫は、いいな〜俺ももっと小笠原にいたかったよ〜と嘯いてはいたものの、会社勤めの身にとって、3日のロスというのはけっこう痛い話ではある。

船がだんだんと竹芝に近づいてきたころ、周りの景色と海の色に、どんよりとした風情で、夫と二人、顔を見合わせることになった。

小笠原はたしかに楽園だが…ここから離れられなくなるかもしれないという力を秘めた、ある意味恐ろしい魔境である。

カタツムリ 小笠原へ (月刊たくさんのふしぎ2015年9月号)

カタツムリ 小笠原へ (月刊たくさんのふしぎ2015年9月号)