読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

コアジサシ ふるさとをなくした渡り鳥(第266号)

ふるさとをなくした渡り鳥、の”ふるさと”というのは、日本にある「営巣地」のことである。コアジサシは春、日本に渡ってきて繁殖期をむかえ、子育てをするからだ。

著者は野鳥調査をする中で、子育て中とおぼしきコアジサシたちが、不自然な方向に飛び去っていくのを目撃する。それを追って捜索してみると、なんと水再生センターのコンクリートの屋上で子育てをしていたのであった。ヒナを育てるのに適した場所(裸地と呼ばれる草木の生えていない、広びろとした玉砂利の川原や砂浜)が、開発によって失われたため、こんなところでも子育てをするようになってしまったのだった。

何てたくましい、と私なら感心しただけで終ってしまうのだろうが、この本の作者は違う。

ぼくは東京都と大田区に「卵が飛ばされないよう砂利を敷いてほしい」という要望書を提出する一方、マスコミにも情報を流した。(中略)その後、東京都と大田区と自然保護の仲間たちとの話し合いがもたれ、来年コアジサシがくる前に、ためしに約2ヘクタールを整備して、ようすを見ることになった。

と、コアジサシの危機を察し、すぐに行動に出るのだ。

作業は、2002年3月16日からと決まり、そのときからぼくらは”リトルターン・プロジェクト”として、活動を開始した。

 

リトルターン、というのはコアジサシの英名で、今号の英題(「たくさんのふしぎ」の奥付には英題も記されている)も、

"Little TernーThe Migrant Birds That Lost the Place to Return"

となっていて、Little TernとReturnが韻を踏んでいるみたいで面白い。

 

試行錯誤を重ねた作業の結果、コアジサシたちはその年、改良された水再生センターの屋上で、多いときは2000羽くらいの大集団で子育てをしていたという。2002年6月29日、ヒナや卵や巣の数を調べる営巣調査では、巣の数503巣、卵の数984個、ヒナにならなかった卵79個、ヒナの数350羽、死んだヒナ80羽、コアジサシの数約1100羽、ということで、昨年コンクリの屋上で巣立った数5羽と比べると、格段の進歩である。

このリトルターン・プロジェクトは、今も活動が続けられていて、最近の日記によると、”今年のコアジサシも順調に数を増やしています”ということで、本号の最後には、

水再生センターの屋上が、コアジサシにとってほんとうのふるさとになるのは、いつのことだろう。

と書かれているが、今や「ほんとうのふるさと」になっていることがわかる。野鳥を愛する気持ちからとはいえ、地道な活動を続けてこられた方々の熱意に頭が下がる思いがする。