こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

海のかたち ぼくの見たプランクトン(第391号)

プランクトン、と言われてはじめに何を思い浮かべるだろうか?ミジンコ?アオミドロ?しかし、この本に出てくるプランクトンは、そのような「典型的」なものではなく、サルパゾエア、ヒラメやアンコウの稚魚など、私が"プランクトン"として認識していないものばかりだった。

ウィキペディアにも説明があるが、『海のかたち ぼくの見たプランクトン』によると、

プランクトンとはギリシア語で「放浪者」という意味で、水中をただよってくらす生きものたちをまとめた呼びかたです。

目に見えないほど小さいものが多いですが、体の大きさにかかわらず、潮の流れに逆らって泳ぐ力がないものたちです。

魚の子ども(稚魚)や数十センチメートルもあるクラゲにも泳ぐ力はありますが、流れに逆らえず、結果的にただよってくらしているので、プランクトンと呼ばれます。

ということで、クラゲもプランクトンだったとは!という驚きは、知っているつもりで知らなかった知識の更新をすることができて、あらためて「たくさんのふしぎ」の面白さを新鮮に感じることができた。

本書の終わりには、

写真をとっているあいだ、ぼくはまるで宇宙を旅行して、見たこともない生きものたちに遭遇したような気分でした。

と書かれているが、まさに、本書のプランクトンたちはどれもこれもみな、個性的な色かたちをしていて、写真を見るだけでも楽しい本だ。

「作者のことば」で吉野雄輔氏が語るのは『ウミガメは広い海をゆく』と同じく、水深30センチメートルの海の中にも生き物たちがあふれているということ、今回紹介した生き物たちも桟橋の上からだって観察することができること、大きくて深い海もすぐ目の前に見える海とつながっていること、である。

しかし、身近な海といっても、子供が夫と釣りに行く三浦はともかく、お台場のあたりの海では、なかなか観察してみようという気分にならないのは、すでに私が地方にある数々の美しい海を知ってしまっているからだろう。もちろん、お台場の海にだって生き物はたくさんいるだろうが…。でもあれは海じゃないよね?