こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

トドマツ(第370号)

NHKをつけながら、朝の用事を済ませていたら、トドマツ、という言葉が聞こえて思わずテレビの方を見た。やっていたのは「まちかど情報室」というコーナー。新巻鮭を入れる木箱で作ったウクレレを紹介していたのだった。

2018年6月28日(木)植物が大変身!|まちかど情報室|NHKニュース おはよう日本

その名もシャケレレというらしい。箱の意匠を生かしたデザインで作られていて、かなりカッコいい。弾けないくせに一本欲しくなった。

箱の原材料はトドマツ。新巻鮭からでる水分を適度に吸収し、鮮度を損なうことなく十数キロの重さに耐え、何段にも重ねて輸送できる優れた素材であるらしい。本号『トドマツ』によると、トドマツは北海道の森にふつうに生育していて、海に近いところから高山まで、そして森だけではなく役場の周りや公園などの身近なところにも植えられているということだ。道外では見かけないトドマツも、北海道ではありふれた樹なのだ。数が多いだけではなく、しっかり太く高く成長するので木材としても優秀らしい。新巻鮭の箱を作るのに重宝するはずである。

トドマツを重宝しているのは人間だけではない。クマゲラは巣穴として、オオタカハシボソガラスは枝々を巣の土台として、エゾシカは茂った葉と枝をシェルターやねぐらとして使っている。コクワヤマブドウの蔓はトドマツを支柱としてのぼってゆき、日当りのいい上の方で果実を実らせる。実が熟せばヒグマのエサとなる。

傷などが回復せず弱ってきた樹もまだまだ重宝される。キノコ類にとっては絶好の菌床となり、幹がくさって軟らかくなると今度はアカゲラが巣穴をほる。アカゲラの去った後はエゾモモンガのねぐらになる。ぼろぼろになりながらも立ち続ける木は、虫たちのすみかになり、その虫たちは鳥たちのエサとなる。老いた樹はやがて倒れるが、倒れることで若い樹々に光を提供する。そして倒木の上にはまた新たな命が芽生えるのだ。

道内の生きもの皆を支えていると言っても過言ではないトドマツ。動植物がトドマツと共に生きれば、人もまたトドマツと共に暮らしている。「作者のことば」では、自然の中でその寿命を終えるのではなく、人の手によって倒され木材として姿を変えてゆく様子に、少し切ない気持ちになったと書かれているが、木材として、箱として生きた後のトドマツが、人のこころをなぐさめる楽器としてその使命を終えるというのも「開拓の頃から人の暮らしを支えてくれて」きたトドマツらしいあり方だと思う。

トドマツ (月刊たくさんのふしぎ2016年1月号)

トドマツ (月刊たくさんのふしぎ2016年1月号)

この号は発売当時読んでやっているが、好きな鳥たちがちらほら登場するということもあり、子供はまた手に取り熱心に読み込んでいた。現在までたった2年ちょっとの間のことだけれど、子供の読み方も変われば、自分の「たくさんのふしぎ」の読み方も変わってきていることに気づく。まあ、私はブログを書いているのだから、そのせいもあるかもしれないが…。アウトプット前提の読み方はいいところもあるけれど、何か不純なことをしているような気もしないではない。本来は無心に読んだ後、なにか書きたいという気持ちがあって書くわけだから、やはり不純なのかな。