こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

四万年の絵(第376号)

想像を元にした絵を描くのは人間だけであるという。『ことばをおぼえたチンパンジー』を書いた松沢先生の研究によって明らかになった。

この『四万年の絵』で紹介されているのは、何万年も前からオーストラリアにくらしてきた「アボリジニ」たちが描いた絵。岩に描かれたものだ。外に描かれるのだから、何万年も経てば雨風で消え去ってしまいそうなものだが、絵の多くは、大きな岩庇がせり出している場所にあり、雨風が当たらないようになっている。雨風が当たらないところに描かれた絵だけが残っているのか、それともそのような場所を選んで描いていたのか。おそらく後者だろう。昔の人とてその辺のことはわかって描いていただろうと思う。

狩りや儀式の様子など自分たちの行動の絵、動物など生き物たちの絵、これらは現実世界を描いたものなので、テーマとしてはそれほど不思議なものではない。そればかりでなく「見たことがないような不思議な姿の生き物の絵」がたくさんあるというのだ。精霊を描いたものなのだという。例えば「虹ヘビ」というとても強い力をもつ精霊。「世界にはじめて雨をふらせ、地上に水があふれ、さまざまな生き物がうまれた」と言われる、創造主のような存在だ。精霊たちはふだんは岩の中などにいて見えないが、ときどき人の近くでいろいろなことをすると考えられていたそうだ。山火事や雷といった自然現象も精霊の力が関わっていると思われていた。

そのような精霊たちの姿を、アボリジニたちは岩絵に残しているわけであるが、現実には見えていないだろうものをどうやって描いたのだろうか?想像して描いたのだろうか?私は、想像ではなく本当に見えていたのだと思う。彼らには世界がそうやって見えていたのだ。ブログ冒頭に紹介した研究で、ヒトの子が「パーツが欠けた不完全な顔の絵に、足りないパーツを補って顔を完成させようとした」ように、自分のいる世界の成り立ち、在り方について、足りないパーツ(精霊)を補って物語を完成させたのだ。 

作者のブログにも書かれているように、本書では岩絵そのもののことのみならず、西欧人が到来した後アボリジニたちが経験した苦難についても触れられている。この苦難の時代のことも、岩絵に残されているのだ。アボリジニは、アイヌの人びとと同じく文字文化を持たないアボリジニの人びとにとっての「絵」は、生活の一部であり、なくてはならないものだっただろうことが想像できる。

ちなみに、カナダはノースウッズという場所こそ違え『春をさがして カヌーの旅』にも湖の岸にある岩絵を写した写真が載せられている。やはりオーバーハングの岩壁に描かれていて、

たくさんの手形や精霊のような絵にまじって、動物のすがたを見つけました。ぼくにはムースと、それを追うオオカミのすがたに見えました。

との説明文をみると、アボリジニたちのそれと近いものに思える。これを読むと、ヨーロッパ人の上陸以前も、文化的に孤立していたわけではなく、他地域との交流があった可能性があるということで、何らかの関わりはあるのかもしれない。

本書は写真と字のバランスがとても良い。とくに4〜5ページの岩壁の中から外をのぞいているかのように見える写真は、オーバーハングした壁があたかも額縁のようで、アボリジニたちはこんな景色を見ていたのかもしれないと思わせるものだ。岩壁上には白抜きの字で説明文が重ねられているが、文章を載せているスペースの配分も、字の大きさや字体も絶妙で、いつまでも見ていたいくらいだ。もう一つ、20〜21ページでも、青空を背景に黒字で説明文が載せられているが、ここに字があるおかげで、不思議なことに風景がぐっと引き立つ。この辺のデザインの良さは、作者の本業がブック・デザイナーであるということが関係しているのだろう。