こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

宇宙人に会いたい(第205号)

7年くらい前、はやぶさの帰還が話題になった時、私たちは鹿児島にいた。そのはやぶさが打ち上げられたのは鹿児島県にある内之浦宇宙空間観測所で、住んでいたところからそれほど遠くないこともあり、何回か施設見学に訪れたことがある。中にある宇宙科学資料館は、まさにトリップアドバイザーの口コミで、"ある意味秘宝館"と評されるとおりの場所で、 私たちが初めて見学に行った2008年当時、打ち上げ済みであったはやぶさについての展示もあったが、扱いは小さめで「地球に無事帰ってこられるといいですね」とかいう牧歌的なコメントが付けられていたことを覚えている。帰ってくる見込みは少ないのだという印象しかなかった。

それが2010年、帰還の実現が本格的になっていく中で、どんどんマスコミに取り上げられ、熱狂的なブームが巻き起こるにつれ内之浦種子島とは異なり小さなロケット発射場で、もうお役御免かとも思っていた、も取り上げられてうれしい気持ちの一方、帰ってくるとも思っていなかったあの子がねえ…という、なんだか複雑な気持ちもあった。

もちろん、はやぶさのおみやげである「カプセル」は打ち上げ場所である内之浦にも"里帰り"し、一般公開に馳せ参じたことは言うまでもない。普段は静かな肝付町 *1に私たち含め大勢の人たちが押し寄せてきた様は圧巻だった。ちなみに私の携帯ストラップは、はやぶさを打ち上げたM-Vロケットが付いているものだ。

このM-Vロケットの廃止後、お役御免の危機に陥っていた内之浦が、イプシロンロケットの投入により救われたことは、内之浦に少しばかり縁がある私にとってもうれしいことだ。なにしろ内之浦は"世界一愛されるロケット発射場"でもあるのだから。イプシロンの打ち上げ成功により『ロケット発射場の一日』という本で、種子島ではなく内之浦の方を取り上げて描かれたのもうれしい限りだ。

f:id:Buchicat:20180302092634j:plain

内之浦の発射台。地球の風船は、子供が手に持っていたもの(写真下部はトリミング済)。

f:id:Buchicat:20180302092728j:plainストラップ

内之浦の話でだいぶ本文を費やしてしまったが、はやぶさは何のために打ち上げられたかと言えば、つまりは小惑星の探査に出かけたわけで、小惑星探査というのは未知なる星について調べるというだけではなく、地球外生命は存在するのか、存在の痕跡はあるかという次元にまでつながる話なのだ。この『宇宙人に会いたい』の本文でも、

彗星や、流れ星のもとになる岩石には水もあります。バクテリアの食べ物もあります。

ですから、どこかの星で生まれた生きものが彗星や流れ星にのって、宇宙を飛びまわっているかもしれません。

地球の生命も、そうやってどこかの星からやってきたと考えている人もいます。

と書かれるとおり、わたしたちが星の子どもであるならば、地球の外にも"星の子ども"がいたとしても不思議ではない。

本書の最後で、著者は、

どんな生きものも、たくさんのなかまや、ほかの生きものの助けがあって、生きていける。ひとりだけでは生きていけないんだ。電波や光で私たちに返事をくれたり、宇宙旅行をしたりするような文明をもった宇宙人なら、そのことをよく知っているだろうな。だから、きっとほかの生きものとなかよく生きているにちがいない。そんな宇宙人なら、きっと友だちになれるはずだ。

と記しているが、奇しくも、別の著者による同タイトルの本『宇宙人に会いたい!』では「宇宙人に関するQ&A」のコーナーで、

宇宙人は良い人なの?悪い人なの?というクエスチョンに対し、次のような答えを出している。

すなわち「小説やマンガ、映画のようにわざわざ地球の資源を求めて襲ってくるというのは、遠く離れた星からやってくるコストに対して割に合わないし、そんな高度な技術を持つ宇宙人なら、別の方法で資源を生み出していることだろう」という現実的なことを踏まえた上で、

争うことの好きな宇宙人、戦争をしてものや資源をうばう宇宙人は、戦いをくりかえすうちに滅びてしまうのではないでしょうか。

このように考えてくると、地球にやってくる宇宙人は、私たちにとって危険な敵ではないだろうと私は思います。

ということでこちらの著者も、宇宙人は敵対的な存在ではないだろう、と考えているところは興味深い。

ちなみに、宇宙人と地球人は言葉が通じるの?というクエスチョンには、

算数を言葉として使えば、通じるかもしれません。

との回答がなされているが、これを見て『アリになった数学者』を思い出した。違う身体には違う数学が宿るというならば、人間には人間の、アリにはアリの数学があるというならば、宇宙人には宇宙人の身体に根ざした数学があるということになるだろう。果たして「自分ではない相手の心と、深く響きあうこと」ができるのかどうか、それはどういった方法でなのか、ちょっとわくわくする話でもある。

アメリカ、国際宇宙ステーションの民営化を検討」という残念なニュースがある一方で、最近では「「はやぶさ2」がリュウグウの撮影に成功」というニュースもあり、まだまだ宇宙人には会えないとしても、少しずつ近づけているような気分になるのは、気が早すぎる話だろうか。

ロケット発射場の一日 (講談社の創作絵本)

ロケット発射場の一日 (講談社の創作絵本)

*1:内之浦は伊勢海老の名産地でもある。安くて美味しいのでえっがね祭りの時期にはぜひ訪れてみてほしい。