こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

ぐにゃぐにゃ世界の冒険 (たくさんのふしぎ傑作集)(第32号)

私たち夫婦は、キセルというバンドのファンだ。かれこれ10年以上になるだろうか。地方に住んでいた頃は、ライブに行ける機会も少なかったが、今は都合がつく限り参加している。そしてなぜか、大人だけでゆっくり楽しみたいのはやまやまなのだが……毎回子供と一緒に行く羽目になっている。おかげで子供は、着席型のライブ野音レストラン・ライブスタンディングと、いろいろなハコでライブ体験をすることになった。キセルのライブの多くは「小学生以下は保護者同伴に限り入場可(小学生以下でも、指定席公演でお子さまのお席が必要な場合、チケット必要)」。大音量で聴かせるタイプではなく、モッシュやダイヴがあるような激しいライブでもないので、安心して連れていけるという理由も大きい。

そのキセルが、Eテレミミクリーズで歌っているのが「トポロジーのうた」。とぽとぽとぽとぽとぽろじー ♪ というフレーズから始まる曲は、独特のアニメーションと相まって耳につく。単純ながらかなり印象に残る歌だ。曲自体はトクマルシューゴが作っているのだろうが、キセルに歌を依頼した人は慧眼だと思う。トポロジーのうた、アルバム毎に柔軟に形を変えながらも、キセルとしての色を失うことのない、彼らにぴったりの歌だ。

『ぐにゃぐにゃ世界の冒険』の英題は、"Adventure in Topological Land"。トポロジーについて書かれた本なのだ。大人の私でも怯んでしまうトポロジーを、絵本仕立てで子供に見せてしまおうという、すごい試みだ。しかもこの号が出たのは1987年。私は小学生だ。本文にはしかし、トポロジーという言葉はひとつも出てこない。あくまで“ぐにゃぐにゃ世界”を冒険するという態で、トポロジーの考え方が語られてゆく。算数嫌いな子でも、ただの変わった世界のお話として読むことができるし、考えることが好きな子は、これはどうだろう?あれは?と応用して考えを深めることもできるだろう。どういう風にでも読めるのがすごいところだ。

この本の最初の例がコーヒーカップとドーナツなら、「トポロジーのうた」でも、最初に変形するのはマグカップとドーナツ。取っ手付きカップとドーナツは、トポロジーといえば始めに出てくるおなじみの例だ。おやつの時間みたいなのが面白い。

ミミクリーズ」の元になった言葉は、模倣という意味のミミクリー。番組のコンセプトは、“「自然界の似たもの探し」をキーワードに、3~7歳の子どもたちの知的好奇心を触発し、観察眼と想像力を磨きます”。さまざまなコーナーを設けて構成されているが「いじクリー」とか「ザッツ ミミクリーズ ショー」など、大人が見てもかなり面白い。なんで「ミミクリーズ」でトポロジー?と思ったのだが、

♪ おんなじ形だトポロジー

という歌詞を聞いて、ああ似たもの探しの一種だったか、と今さらながら気がついた。

ミミクリーにトポロジー、そんな小難しい単語、子供に通じることはない。でも案外、子供にとっては怪獣の名前とかキャラクターの名前と大差ないのかもしれない。成長して意味がわかったとき、ああそういうことだったのか!と番組のすごさを感じる子もいるだろう。ミミクリーズにせよ、この『ぐにゃぐにゃ世界の冒険』にせよ、子供にわからないことはない、わからなくてもいいから見せてみよう、でも楽しくなければ見てくれないよね、という大人がいてこそ、子供の世界はさらに広がり楽しくなるのだと思う。

ぐにゃぐにゃ世界の冒険 (たくさんのふしぎ傑作集)

ぐにゃぐにゃ世界の冒険 (たくさんのふしぎ傑作集)

「作者のことば」で、挿絵を描いたタイガー立石は、

 あなとチューブのしくみを研究して「ぐにゃぐにゃ世界」のひみつをときあかせば21世紀には、◉人工臓器と医学が大進歩。◉建物は思いきり楽しいカタチになる。◉ぜったい事故をおこさない乗り物と交通路ができる。◉洪水や水不足、土砂くずれ・雪害などを防ぎ、全国的な冷暖房ができる。◉きれいなものときたないものを上手に分けて公害がなくなる。そのほかよいことばかり—(だといいね)。

 さあ21世紀に活躍するキミたちの出番だ!「ぐにゃぐにゃ世界」はキミたちの中にも外にもあるんだよ。 

と書いている。

さて今や21世紀。全部が全部実現したとは言いがたいが、人工臓器のように中には少しだけ進んだものもある。私の世代は、この「21世紀に活躍するキミたち」に当たるが、活躍というより時代に翻弄されてしまった世代だったかなあと振り返ってちょっと切なくなった。私自身は活躍こそしなかったが、これまでまあ何とかやってきたわけだけれども。