こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

恐竜はっくつ記 (たくさんのふしぎ傑作集) (第5号)

小さい頃、恐竜が好きだった時期があった。子供ではなく私が、だ。デパートなどの恐竜展に連れていってもらっていたこともあるだろうが、ステゴサウルスの模型を欲しがったくらいだから、それなりに興味があったのだと思う。図鑑も買って熱心に読み込んでいた。もっともその後は続かなかったため、知識としては30年前で止まったままだ。この号もその当時の1985年の出版なので、フタバスズキリュウとかブラキオサウルスとかブロントサウルスとか、見覚えのある名前が出てきて懐かしかった。最近では”羽毛恐竜”が発見され、従来の爬虫類チックな外観ではなく、羽毛を生やした恐竜の想像図も描かれているが、本書で描かれる恐竜はもちろん昔なじみの爬虫類系だ。

『恐竜はっくつ記』は、主にマダガスカルでの調査を元に書かれたものだ。マダガスカルと言えば「ダーウィンが来た!」を始め動物番組ではおなじみの国。マダガスカルにはたくさんの固有種が生息しているが、これは他の大陸から孤立してからの時間が長いという性質によるものらしい。マダガスカルはこうした島独自の生きものばかりでなく、大昔の生きものの痕跡、本書によると「化石の島」とも呼ばれるほど、恐竜や魚、貝の化石も数多く見つかっているという。著者が予備調査で発掘を試みたエピオルニスは、恐竜の時代以降に現れた巨鳥だが、これもマダガスカルの固有種。地元にはエピオルニスの化石探しの名人がいるということで、彼の協力で発掘調査を行っている。

興味があったとはいっても、それはおもに恐竜の種類の方だったように思う。当時小学館の学習百科図鑑『大むかしの生物』をかなり読み込んでいたものだが、巻末に書かれていたフタバスズキリュウを発見した鈴木直氏の話を読んでも、素直にすごいなあと思うだけで、化石の「発見」は自分にもできるものだという発想はまったくなかった。『恐竜はっくつ記』は、発掘調査をメインに書かれているが、小学生の私が読んだらどんな感想を持っただろうか。なじみのない外国ということで、やはり自分とは縁のない話だと思っただろうか。

いろいろ調べてみて驚いたのは、そのフタバスズキリュウが「新属新種の首長竜」だと判明したのは、なんと発見から38年も経った2006年だということ。この研究チームのひとりが、本書の著者である長谷川善和氏だ。長谷川氏はフタバスズキリュウの発掘にも参加している。『時をながれる川』でも、地元の子供たちと先生が化石を「発見」しているが、発見しただけでは意味を持たないといっても良い。専門家による調査や研究の上に同定されて初めて「新種の発見」であると判明するのだ。一方で専門家の方も、地元をよく知る人の協力なしには調査研究を進めることはできない。『恐竜はっくつ記』でも、村人や現地の調査隊員の協力で発掘調査が行われている。

ちなみに…我が子はというと、恐竜は鳥と密接な関係にあるにも関わらず、昔も今もそれほどの興味はないようだ。しかし、手元にある「BIRDER」のバックナンバーの1冊は恐竜特集。子供はサンカノゴイ目当てで買ったのかなーと思うが、こちらも特集に合わせ”アシ原の「恐竜」”という副題がつけられている。サンカノゴイ特集の冒頭を飾る写真は、鋭い目つきで翼を拡げ向かってきており、確かにちょっとした恐竜とも見紛うばかり。鷺とは思えない様相だ。

メインの恐竜特集の方は『鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。』の川上和人先生や、『動物たちが教えてくれる 海の中のくらしかた』の佐藤克文先生が原稿を寄せていて、読みごたえのある内容になっている。川上先生は自著の『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』を小ちゃく宣伝し、佐藤先生は「巨大翼竜、本当は飛べなかった?」に対する古生物ファンの罵詈雑言に懸念を示しつつも、「書くべきことは山のようにあるのに与えられたページ数はあまりに少ない」と愚痴りながら、やはり自著の『巨大翼竜は飛べたのか』を読んでみて反論してくださいと書いているところが面白い。恐竜への興味から遠く離れた今、バードウォッチングという子供の趣味がきっかけで、再び恐竜ネタと出会うことになろうとは、小学生の私が聞いたら驚くに違いない。

恐竜はっくつ記 (たくさんのふしぎ傑作集)

恐竜はっくつ記 (たくさんのふしぎ傑作集)

BIRDER(バーダー)2015年8月号 最新「羽毛恐竜」ガイド

BIRDER(バーダー)2015年8月号 最新「羽毛恐竜」ガイド