こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

昆虫の体重測定(第373号)

本号はタイトルそのまんま、あらゆる昆虫の体重を量ってみたというものだ。そんなシンプルな内容なのに、これがまたすごく面白いのだ。考えてみれば、世界最大のカブトムシだの、世界最大のチョウだのと体長に関しての話題は多いが、体重についてスポットが当てられることは少ないからかもしれない。

そうはいっても昆虫の体重は気軽に量れるものではない。本書もキッチンスケールにテントウムシをのせるところから始められるが、当然軽すぎるので0gのまま。そこで登場するのが電子天秤。一万分の一グラムから量れるこの秤(高価!)を使えば、ヤブ蚊の重さだって量れるのだ。付録の一枚絵「昆虫の重さくらべ」も著者である吉谷氏が担当しているが、それを見ると血を吸ったヤブ蚊は、吸う前のおよそ2倍の重さになっている。人間の自分で想像するといきなり2倍の重さになったら、動くのも一苦労だろう。

カブトムシで大きめのオスの重さは10g。しかし冬の前に立派に育った幼虫の重さはなんと30gもあるのだ。一方でさなぎの重さは20g。カブトムシは成長につれ、体重がどんどん減っていくことがわかる。これはアオムシとモンシロチョウでも同じだし、完全変態の昆虫のほとんどは成虫の時期がいちばん軽いということだ。

トノサマバッタ(オス)は意外に重くて1.428gショウリョウバッタ(メス)は2.967gもある。オンブバッタはメス0.45gに対し、オスはわずか0.08gでメスの方が5倍以上も重い。

同じナナホシテントウ同士でも個体差があり、体長がそれぞれ異なれば体重差も2倍以上になることもある。人間だって、同じ年に生まれた子供同士ですら個体差があるのだから当然のことなのだが、昆虫の個体差を並べて見る機会はなかなかないので興味深い。

この号で「光ってて、宝石みたい!」と子供たちを興奮させたアカスジキンカメムシ0.287g。この『わたしたちのカメムシずかん』の「ふしぎ新聞」には、「アカスジキンカメムシの卵には不思議がいっぱい!」と題し、カメムシ愛好家の小野國彦氏*1による、アカスジキンカメムシの飼育の様子が掲載されている。これを見ると、カメムシの卵は何gなのか?産卵間際のメスの体重は?1齢幼虫はどれくらい?とか俄然気になってくる。

身近なムシの体重を知るのはけっこう楽しい。しかしふと我に返れば、虫の体重なんて量ってどうするのか?何かの役に立つのか?楽な作業でもなさそうだし…という疑問(愚問)が浮かんでくる。「作者のことば」では、

 また、野外で昆虫を見かけたときは、その重さについても、考えをめぐらせてみてください。身近にいる昆虫という生き物が、もっともっと面白く見えてくることでしょう。

と子供向けに優しく説かれているが、「電子天びんで虫の体重測定 1万分の1グラム単位まで」という記事を読むと、

小さな虫の、1匹1匹の体重が違う。とても量りきれないほどの、無数の虫がこの世界にはいる。そこにロマンを感じるという、ただそれだけのことなのだ。

ただ楽しいから、やりたいからやってるんだよ、という素直な思いが見えて面白い。考えてみれば、自分が書いているこのブログだって、何かの役に立つからやっているわけではないのだ。単純に書きたいから書いているだけではないか。

昆虫の体重測定 (月刊たくさんのふしぎ2016年4月号)

昆虫の体重測定 (月刊たくさんのふしぎ2016年4月号)

*1:ちなみに小野國彦氏は『わたしたちのカメムシずかん』の中で<カメムシはかせ>になろうと呼びかけられた校長先生のご主人だ。江刈小学校のカメムシ調査をきっかけにご夫婦で飼育をはじめられたらしい