こどもと読むたくさんのふしぎ

福音館書店の月刊誌「たくさんのふしぎ」を読んだ記録です。

絵で読む 子どもと祭り(第400号)

名作『やこうれっしゃ』を描いた西村繁男の手による、たくさんのふしぎ第400号!昨年からもうすぐ400号も近いなあと思っていて、どんな号になるのか楽しみにしていた。

予想以上に素敵な本に仕上がっていて、何かその辺に置いてあるとついつい手に取ってページを開きたくなる、パッと開いたところを眺めては閉じ、また手に取ってはながめたくなるという不思議な絵本だ。

第300号の時と同じく、この本を見て何か考えさせられたり、驚かされるということはない。ここに出てくるお祭りは、どれもこれも見たことがないし、名前すら知らないものも多かったが、こんなお祭りもあるんだ、と感心するというよりはむしろ、無心に絵を眺め、ひたすら細部にまで目をやることに没頭してしまう。まさに”絵で読む”というタイトルに相応しい本だ。

お祭りのハイライト部分は中心に描かれているものの、つい隅っこにまで目をやってしまうのは、メインで参加している人々だけではなく、観客含めその周囲の人々も等しく詳しく描かれているからだと思う。詳しく描き込んでも決してうるさく感じさせないのは、さまざまな“観察絵本”を作り出してきた西村氏ならではの技だ。

どこのお祭りにも”参加”している「猫のこきち」もいい味を出している。ウォーリーよろしく、こきちどこにいるかなーと探すのも、子供にかえったみたいで本当に楽しい。

西村氏は、よさこい祭り発祥の地である高知出身であるにも関わらず、「作者のことば」によると「子どもの時の祭りの体験がなく、これまで人生で積極的に祭りに参加したこともない」らしい。何か特定のお祭りに思い入れがないからこそ、特別感というより、日常の延長線上にあるところの「お祭り」を描けるのかもしれない。

合わせて、たくさんのふしぎ400記念連載も楽しみに読もうと思っている。